Kate's Fitness

筋トレ初心者の女性がトレーニングでどれだけ変わるかチャレンジ

カテゴリー: トレーニングの日々 (page 1 of 113)

ワクチンの腫れが引いてきた

だいぶ腕の腫れと赤みが引いてきました。

三角筋サイド辺りに打ったワクチン注射。当日夜から3日くらい痛みを伴う赤い腫れが続きました。一旦落ち着いた後、一週間後から再び熱とかゆみを伴って腫れ始めました。これが結構長くて1週間弱続き、その間赤みと痛みが三角筋から三頭筋、次いで上腕二頭筋へと移動していきました。同時に脇の下の違和感がずっと続きました。袖のある服に違和感を感じるので、許されるかぎりノースリーブで過ごしました。

今やっと普段の腕に戻ってきました。脇の違和感もなし。これ以上は何もないと良いな。次は二回目の接種を待つだけ。メリット、デメリットがどれだけあるのか未知数ですが、とにかく身体に何かしらの変化があったのは間違いありません。

今回からスクワット復活!

接種後1週間は控えていたスクワットをしてきました。かゆみも引いたし、前日食べたニンニクの効果でなんだか身体の調子が良い。頑張れそうな感じがしたのです。

Max75kgで背中が痛い

久しぶりのワンレップMax75kg。脚はもう少し重いバーベルまでいけそうでしたが、背中が痛くて75kg止まり。背中の筋肉が落ちてるな。バーベルを担いだ時もキツいし、なにより背中がヒリッと痛い。この重さにビックリしている感じ。

調子良いのでメインセットは65kg

背中が痛くなったのは70kg以上から。60kgは脚、背中ともに余裕だったので、メインセットは65kgで組みました。このところ60kgのセットばかりしてたので、ちょっとだけチャレンジです。メニューは安定の5レップ×5セット。

前のめりになってしまう

スクワットできることはできるけれど、やっぱり姿勢の悪さが出てしまう。65kgの重さに脚は耐えられているけれど、背中と腹筋がついてきていない。

次から背筋と腹筋の自重トレを加えようか頭をよぎるけれど、最近のジム時間は短く収めているのでどうしようか。メニューを増やさず、スクワットのみで身体を慣らしていくのも手だからね。時短で筋トレが最近のこだわりなのです。

次回のワクチンまでしっかり筋トレしよう

一回目の反応からみて次回ワクチンを打ったらまた身体に変化が来る予感がするので、運動できる今のうちに楽しくしっかり筋トレしておこうと思います。

うだるような夏が過ぎて、涼しい今は絶好の筋トレシーズンなのです。

ワクチン接種後の運動ってどうなの?

かゆい!かゆい!かゆい!

ワクチン接種から一週間経ち、突然腕が赤く腫れ始めました。皮膚が硬くなってかゆくて仕方がありません。掻いてはだめだと分かっても、無意識にさすってしまい、気づいたら掻いてる!対処として、推奨されている成分配合の虫刺され薬を塗っています。これが効いて助かっています。1回目でこれなら、2回目はどうなるんだ?と、今から心配です。

ワクチンは噂がいっぱい

そろそろ接種の順番が回ってきそうだという頃、SNSで繋がっている人がワクチンに関する訳の分からん話をしていました。素人というか個人の噂話だったら流せば良いのだけど、噂の元が変に権威ある人だったりするのでやっかいです。なんでしょう〜〜?医療関係者同志の権力争い的なものなのでしょうかね〜〜?今回のワクチン接種について、わたしとしては行政から公式に届いた情報のみを行動指針にする、としましたよ。

ワクチン接種日の激しい運動はだめ

というわけで、接種に関する行動制限は当日の激しい運動くらいでした。

午後に接種して夕方時間が余ったのでジム行きたい!特に体調変化もないし、元気だし運動したい!

そう思ったのだけど、運動は控えるよう指示があったので従いました。ちょうど異物混入のニュースが流れて、わたしが接種するロットも危なかったのでね。何があるかわかりませんから。

一週間後に腫れ始めたけど運動は?

接種当日の夜から腕が腫れ始め、治るのに3日程度掛かりました。3日経ったら何事もなかったかのように普通の状態に戻りました。治るまで寝返り打つのもしんどいくらいだったので、これで普通の生活ができると思った矢先。

接種からちょうど一週間。突如と腕が赤く腫れ始めました。明らかに身体に変化が起きてる。接種直後程の痛みはないけれど、腫れはそのときより酷いぞ?

これで運動して良いの?と思うのだけど、わたしの行動指針は公式情報に従うのみ。運動制限は接種当日だけなので、運動することにしました。

ちょっぴり抑えて運動

とはいえ、心配なのでスクワットは控えてレッグプレスにしました。ちょっとチキンハートです。スクワットは心肺機能を強く使うのでね。

あとはレッグエクステンション、レッグカールと脚の基本3メニューに加えて、ヒップアダクターで締め。こういうときはマシン筋トレメニューを覚えていて良かったと思いますね。

あと少しで行動制限がゆるくなってくるはず

わたしがジムに行く時間帯はちょうど人が少ない時。ジム側もこれ以上ないってくらい感染対策をしていて、ちょこっと休むベンチも取り払われてしまいました。休めないから集まっておしゃべりしてた人も本当にいなくなりました。運動するときも消毒、運動、消毒の繰り返しです。

このまま感染対策は必要だと思うけれど、行動制限は徐々にゆるくなっていきそうな兆しが見えてきました。これまで長かったし、政府に批判もあると思うけれど、世界中の国が協力してよく頑張ったなと思いますよ。20世紀は戦争していた国同士ですよ。今回の件は21世紀の世界を象徴する出来事になりそう。

わたしゃおばちゃんだけど、この時代に若者でいたかったかも?なんて最近思います。

スクワットとストレッチで膝の痛みを改善

ジム通い再開。
何から始めよう?スクワット、ベンチプレス、懸垂。

やっぱり全身運動のスクワット

実は最近、運動不足に加えて体調が悪いので右脚と右膝が痛い。

それでもスクワット60kgメインセットを目標に設定。できるかな?と不安に思いつつも挑んでみました。

やっぱり膝が痛い

スクワットしてみると案の定膝が痛い。そもそも運動していないので、膝を使いすぎて痛いというよりしゃがむときに変な癖が付いてしまっている感じ。

この膝の痛みをなくすにはどうすれば良いのか?

全身ひねりのストレッチ

スクワットに関係するのが、股関節と足首の柔軟性。ここが硬くなって動きが鈍い感覚があったので左右に身体をひねってみる。全身ひねりのストレッチをしてからしゃがむと膝の痛みが和らぐ感触がする。これは膝が改善するかも?と入念に身体をひねってみる。

膝の痛みがなくる

ストレッチをしてはスクワット。ストレッチをしてはスクワットを続けていくと、5セット目には膝の痛みがゼロに。

身体を整えるって大事ですね。基本的に膝が痛いときは動かさずに回復を待つのが良い。だけど、今回は自分でも改善点は他にあると感覚的にわかっていました。今後も自分で治せるところは治していきたいと思っています。

« Older posts

© 2021 Kate's Fitness

Theme by Anders NorenUp ↑