Kate's Fitness

筋トレ初心者の女性がトレーニングでどれだけ変わるかチャレンジ

カテゴリー: トレーニングの日々 (page 1 of 109)

2ヶ月半ぶりのジム

こんにちは、Kateです。

本日晴天!気分良く2ヶ月半ぶりにジムへ行ってきました。

入館時の検温必須、マスク必須。トレッドミルはビニールシートで仕切られ一台置きの使用になっていました。以前からあったアルコール消毒コーナーが3倍くらい増えてました。その他いろいろ変わっていましたね。

トレーニングに来ている人たちはやっぱり少なくなったかなぁ。当然フリーウエイトコーナーもすごく空いていました。年配の方より若い人たちの方が来てましたね。これは行った時間帯によると思います。

ベンチプレスメインセット40kg

ひさしぶりだったのでスクワットと思っていたのだけど、生憎パワーラックに先客がいたのでベンチプレスに変更。

パワーベルトがきつい!やっぱり少し肥えましたね。

久しぶりとはいえ、家でコツコツ腕立て伏せを続けていたので、楽々とメインセット40kgまでいけました。45kg、50kgと狙えるかもしれないけれど、潰れたり怪我をしてはいけないので初日はこれでOK。サブセット30kg2セットをしてベンチは終わり。

チェストプレスとダンベルベンチを10回3セットして胸トレ終了。

腕立てとは違う刺激が良い

なぜかベンチプレスって面白いんだよね。

やっぱりというか、あのベルを次々に重く上げていくのが視覚的にも楽しめるのかなと思ったりします。

腕立てもわたしの筋力と体重では結構な刺激になって良いのだけど、ただただ辛い。。。ベンチプレスは何かが楽しいのよ。

以前の3倍アルコール消毒

前からトレーニング器具は消毒していたけれど、より徹底して綺麗にして戻すようにしました。

器具を拭くタオルも使い回しのじゃなくて使い捨てのもの。とにかく自分が使う前と使った後に消毒です。

ソーシャルディスタンスを取る必要があるためゆとりある器具の配置に変更されていて、以前より思う存分トレーニングできました。トレッドミルを仕切るビニールシートもうれしい。以前から隣の人の汗が飛んでくるのは嫌でしたので。

トレ中にマスクするのは辛いけれど、それが功を奏して長くダラダラトレーニングしようと思わないし、これで良いのでしょう。とにかくこのまま騒動が終息する方向に向かっていったら良いなと思います。

久しぶりに近所の公園で筋肉痛

こんにちは、Kateです。

去年の秋以来、久しぶりに夫と近所の公園へ行きました。ここ二ヶ月くらいこの公園はほとんど人がおらず、いても親子づれがお互いかなりの距離を開けて歩いている程度でした。友達と遊ぶことも許されず、ちょっとだけ気分転換してる感じ。せっかく春が来たのに外で遊べないなんて。よその子のことながらかわいそうでね。それを遠くから眺めて、いつかまた公園で遊べる日がくることを願っていたのです。

それがついにやってきた。というわけで、わたしたちも今日は久しぶりに公園へ行ってみようということで、テクテク歩いて行ってきました。近くなのにやっとたどり着いた感があって感慨ひとしお。

ここに丁度良い階段があるのです。大腿四頭筋に効きそうな結構長い階段が。

二人で一緒に一往復。昇って降りて。これで終了。

なのに、翌日二人で筋肉痛。

たったあれだけで?と二人で筋肉の衰えに驚いています。以前なら絶対この程度では筋肉痛になっていません。ちょくちょく近所ウォーキングや自重スクワットはしてたのにね。

階段の良いところは、途中で止めることが許されない点ですね。昇りきる、降りきるまで続けないといけない。これが自重トレとは違うところ。

脚の筋肉は大事だわ。スクワット100kgとはいわなくて、70kgが余裕だと思えるくらいには筋力を戻したいね。

腕立て伏せが楽しくなってきた

昨夜も一人で腕立て伏せをしたKateです。

こんにちは。

寝る前に「フッ!ハッ!フッ!ハッ!」って腕立てしてたらなんだかベンチプレスを頑張っていたときの事を思い出して楽しくなってきました。

ベンチプレスを覚え立ての頃は胸筋の使い方が上手くできなくて。一生懸命練習して胸筋の使い方を覚えたら面白いようにバーベルが挙がるようになっていって。あの感覚って今すごく役立ってるな、と。

ベンチプレスと腕立て伏せって姿勢が逆じゃない?
だから昨夜は床がバーベルになったような感覚になってきてね。

なんならわたしが地球をプレスしてる感じ?

「わたし、凄い力持ち!」
なんていうおバカな発想をしながら腕立てしてました。

腕立て最高!

今、ちょっとだけ胸筋が筋肉痛になってます。

« Older posts

© 2020 Kate's Fitness

Theme by Anders NorenUp ↑