Kate's Fitness

筋トレ初心者の女性がトレーニングでどれだけ変わるかチャレンジ

月別: 2018年6月 (page 1 of 7)

何年ぶりかに食べた中華料理が美味しかった

珍しく二人でお出かけしてきました。いつものAさんではなく筋トレ兄さんと。

・・・どうしてそうなった?

ってことなんだけど、まあ人生いろいろあるわね。
最近は人から人生相談をよく受ける。いや、ほんとーに。

みんな悩んでいる。そしてわたしは楽しそうに生きている。どうして?ということで相談しやすいのよね。

これは筋トレ兄さんの話ではなく今の若い世代の話

今の若い世代が悩むのなんて当然だと思う。極々普通の会社員、公務員なんてこの先生きてて楽しくなりそうにないもの。そんなことはちょっと働けばすぐ気付く。仕事の方面は先細りの未来しか見えない。粛々と上が決めたことを守って動く事が求められる。それがこの先ずっと続くの?

日本が景気が良かったときに社会に出た世代と話をすると、やっぱりその頃は楽しかったとみなさんおっしゃいます。今日お金を使っても、また入ってくると根拠なく思えていた。上流から下流の会社までお金が流れて街にもお金があふれていた、と。その感覚がそれ以降の世代にはまーったくないのよね。若い世代になればなるほどきついなぁーと感じていると思います。

そして今は“個”で稼ぐ時代。組織にいてはいかんのだね。自分が組織を変えていこう!とすれば潰されるしねぇ。ふと、身近な人を見れば昔なら考えられないスピードで稼いで成功している同級生もいたりして、自分の仕事にますます疑問が湧いてくる。このままでいいの?

以上が今の若者が抱える悩み、とわたしが思っています。
組織がつまらないのは昔からなんだけど、今はそれに耐えることに希望がないのだ。

青年期以降は悩むようにできている

そしてね、どの世代も関係なく、人間という生き物は若いときに悩むようにできているんですね。悩んで工夫して問題解決していくから心が成長していく。わたしのようにおばちゃんになるとだんだんと悩みもなく呆けてくるので、こんどはそっちの心配をしなくちゃいけないのだけど。

日本より20年心理学が進んでいるアメリカの女性と話したことがあるのだけど、人間35歳くらいまでは心が変化する。その変化に正直だからアメリカ人は離婚が多い。心の変化と保守的な結婚のバランスが崩れるのですね。そして40歳手前くらいになると心が落ち着いてくる。こういう変化をアメリカ人はわかっているのだそう。人間20歳〜35歳くらいまでは落ち着かないのですよ。

わかっていたってあれだけアメリカ人も悩むのに、日本はこの点を個人的な問題にしてしまっている。心理学なんて教えないもん。

というわけなので、世の中悩める若人がいっぱい。

悩みは筋トレで解決するか?

悩みが筋トレで解決できたら良いんだけど、さすがに筋トレだけしていても解決はしない 笑
しかし、筋トレを通じて会ったこのおばちゃんと話してみたら何かヒントが見つかるかも知れない。

わたしは、上の世代の悩みを聞くよりも若い世代の悩みを聞いてあげたいといつも思っているので、こういうことが苦にならない。

未来の時間がたっぷりある若い世代を少しでも楽にしてあげられたらよいよねぇ。それが楽しそうに生きているわたしができることだ。

そして筋トレ兄さんと何年ぶりかに食べた中華料理が大変美味しくてビックリした。いつもササミとサラダみたいな粗食に徹しているからね。中華料理の味付けをすっかり忘れていた。美味しいものは脳に良い刺激になります。

ブログランキング参加中!
応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへにほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ

女性のベンチプレスメインセット42.5kg

前回のワンレップマックス50kg更新からベンチプレスの調子が良い!

本日はメインセット42.5kg5回5セット

3セット目のフォームが崩れすぎたものの42.5kgで5レップ完遂。フォームがだめでも、フックにぶつけても5回挙げられるようになってきた。
5セット目が4レップしか挙がらないということもなく、トータル5セット挙げてもまだ余裕がある感じ。

ここでウエイトを上げたくなってくるのだけど、まだフォームがあやしい。もう少し綺麗なフォームで挙げられるよう筋肉をつけたいところ。と、思っているわりに、周りに遠慮してパンプのセットをしなかった。パンプは苦手なんだな。この適当さ加減がわたしが怪我をしないで筋トレを続けられる所以なのでしょう。

パンプの代わりに他の種目。インクラインベンチプレス、デクラインベンチプレス、ダンベルベンチプラスをして胸のトレーニング終了。やっと胸の筋肉が使えるようになってきた。いままでも使っていたからここまで成長してきたのだけど、自分の意思で胸筋を動かせるようになってきたのが以前と違う。デクラインベンチプレスだけは効いてる感じがしないのでまだ改善が必要なようです。

鬼のレッグプレスパンプ

某氏とBさん(←初登場)がレッグプレスで太もも攻めをしていたので見学。案の定、途中からわたしもトレーニングすることに。昨日、脚の日終わったばかりだったけど脚のパンプを覚えたかったので。

自重9割程度のウエイトに設定し、ワイドスタンスで15秒カウントしてゆっくりプレス。戻しも15秒カウント。これをたったの3セットしたのだけど!めちゃくちゃキツい!!

1セット目は楽勝♪と思ったのだけど、2セット目からジワジワとパンプ。戻りの10秒以降が辛いのなんのって。3セット目はもう嫌になる辛さなのだけど、やめたら意味がないのでやりました。

本来は、10回3セットを挙げた後に行うパンプセット。上でパンプは苦手と書きましたが、やっぱり筋肉付けたかったら大切。

ワンレップマックス挑戦とパンプの追い込みはトレーニングパートナーがいた方が良いですね。自分で追い込むとどうしても甘くなります。ひとりで追い込めるボディビルダーさんはすごいとしか言いようがない。

ブログランキング参加中!
応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへにほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ

筋トレの順番は先に多関節、次に単関節

こんばんは、Kateです。

謎の筋トレ女子はサッカーに夢中!わたしは今夜の試合の対戦相手どころか、サッカーの大事な試合が行われている事すら知らなかった。いつまで経ってもスポーツの話題に付いていけない。だけど唯一筋トレだけは、自分が関わっているスポーツとして少しは詳しくなっていきたいと思っています。

さて、本日脚の日。筋トレ女子も脚の日。というわけで一緒にスクワットをすることになりました。

スミスマシンでスクワット

軌道が固定されるスミスマシン。バーが軽いし、彼女は前回パワーラックで危うかったのでこちらを使うことにしました。筋トレ女子には途中わたしのベルトを貸して、下腹部に力を入れるようにアドバイス。そこからフォームがとても良くなりました。脚のふらつきが消えたのよ。やっぱり道具って大事。

筋トレ女子のマックス重量に合わせてわたしも同じ重量でスクワットしたので軽めの重量だったけど、ここ最近のスクワットフォーム改善練習にはちょうど良かった。

筋トレは多関節から始めて単関節へ

彼女から脚を鍛えるにはどのマシンを使えば良いか?順番はある?質問。
「多関節。関節をたくさん使う動きのマシンから、膝だけ動かす単関節のマシンの順番ですると良いよ。」とこれまたアドバイス。

「知らなかったー!」と彼女。

そうだった。ここのインストラクターさんって自分から質問しないとそういうこと教えないんだった。かく言うわたしも別のジムのトレーナーさんから教えてもらっている。ジム内混んでいるから順番決めちゃうと面倒なのよね。

一応理想としては多関節のスクワット、レッグプレスの後に単関節のレッグエクステンション、レッグカールの順。

もっとフリーウエイトゾーンに女性を呼び込んで?

帰り際、わたしの担当インストラクターさんから感謝いただきました。
彼女と一緒にフリーウエイトゾーンで筋トレしてもらってありがとう。本当はインストラクターがしなければいけないことなんだけど、と。

そしてインストラクターさんとしてはもっとフリーウエイトゾーンの女性を増やしたい気持ちがあるらしい。う〜ん、分かるけど、基本的に女性は丁寧にフォームを教えてもらわないとできないのでは?と思う。マシンのように一回説明して後はご自由にどうぞ、とできないからねぇ。インストラクターさんがフリーウエイトゾーンに常駐というのはスタッフの使い方として効率が悪い。一人で沢山のお客さんに対応できたほうが経営的には良いよね。

女性限定フリーウエイト体験会とか開催したら、実はやってみたかったんです!という女性がくるかもしれないという淡い希望はあります。その代わり、その時間男性が筋トレできなくなって不満が出ること必須だけど。

ジム運営者じゃないのに、どうしてこんなに考えているのか、わたしは。

ブログランキング参加中!
応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへにほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ

« Older posts

© 2020 Kate's Fitness

Theme by Anders NorenUp ↑