Kate's Fitness

筋トレ初心者の女性がトレーニングでどれだけ変わるかチャレンジ

月別: 2019年11月 (page 1 of 3)

若く見える謎

こんばんは、kateです。

あぁ、これからやりたいことが沢山ある!なのについ目の前の雑事と楽しいイベントに心と時間を取られてしまうー!それでも一日2時間くらいは集中してやりたいことに時間を使うようにしています。

昨日は某所へ会社見学へ!やっぱり仕事ってある種の楽しさがありますね。世界が広がる仕事は大好きです。

ところでわたしは中年なのですが、お会いした方々にずいぶん若く見えると何度も言われました。・・・・実際はだいぶシワシワだし、特に手と首が年齢そのままという状態なのですが。

もし本当に若く見えるとしたら、その原因は2つあります。1つは筋トレして筋肉量を維持するように努めていること。もう1つはメイクをしっかりしていること。

筋肉に関してはこのブログで散々書いてきたので省略します。

メイクって大事。中年になったら一旦それまでしていたメイクの仕方を見直すことをお勧めします。メイクの流行は変わるので、それに合わせたお絵かきの仕方を変えると良いでしょう。そして化粧メーカーの開発力ってすごいのよ。お絵かき下手な人でも上手にできるよう年々機能性がアップしている。もうこれはわたしが若かった頃と比べると確実に良くなっています。

ということで、若く見える謎について書いてみました。

“見える”といっても、わたし自身は若く見えることにまったくこだわっていませんね。毎年確実に歳を重ねてきています。

ジム解約手続きで一旦区切り

本日、これまで通っていたジムの解約手続きをしてきました。

新しい街に移ってから古い街で通っていたジムの同じ系列でトレーニングしていました。しかしそこは生活動線上になく、わざわざ通わなければならなかったこと、新しい住まいの近所にいくつかジムがあること、生活が変わったことを理由に一旦の区切りとして退会することに決めました。退会期間まで猶予があるので、まだしばらくは通い続けます。

退会までちょうど3年通うことになります。まだ退会してないから未来型ね。

短いような長いような。キラめきの不思議な時間を過ごしたとてつもなく良いジム生活でした。計り知れないほど良い出会いがあって、これほど自分が成長するとは思っていなかったです。

自分が変われば、人生は何歳からでも輝きを取り戻せる。あ、自分は歳を取りますよ?でもね、見える景色が違ってくるんです。同じ景色でもキラキラしてくる。

良く動き、良く食べ、良く休む。これだけで健康を取り戻せるし、健康で活き活きしてれば良い出会いに恵まれる。

あと付け加えるとしたら、何事も一生勉強を続けようってこと。文武両道です。人生はシンプルにできている。そう思います。

新しいジムへ・・・とその前に

こんにちは、Kateです。

見学がてらに新しいジムでトレーニングしてきました。この街にある公営ジムの中では、ジムから見える景色が一番気に入りました。わたしにとって景色と音楽は重要なんだよね。音楽はなし!大型のテレビを付けっぱなしで民放を流してます。トレ中にテレビの音声聞くとわたしはテンション下がるので、テレビ音声を流しているジムは遠慮しています。でもここは音量が低くほとんど聞こえないから良い環境です。

トレーニングマシンは有名な某社のもの!しかも1年以内に導入された新しいマシン!これはうれしい!ここでトレーニングしたい気持ちが湧いてきます。

ただひとつ、そしてこれが大きな難点なんだけど、フリーウエイトがないんだよね。

フリーウエイトは人員と安全性の問題

街にあるすべての公営ジムを見て回るのは大変なので、今回この街のフリーウエイト事情についてジムのスタッフに聞いてみましたよ。

  • フリーウエイトの要望はある
  • 補助のための常駐スタッフを置けない
  • 常駐スタッフがいないので安全面で問題がある
  • 今後は検討してみる・・・(?)

・・・どうやら要望はあるものの、公共施設であるがゆえ安全面を考えるとフリーウエイトの設置は難しいと判断しているらしい。やっぱり以前住んでいた街のトレーニング環境はすばらしかったんだな、とちょっと懐かしくなりました。フリーウエイトをするなら民間ジムに行くしかないらしい。

ちなみにスミスマシンを置いている公営ジムはあるそうです。逆にスタッフからスミスマシンとフリーウエイトの違いを聞かれてしまいました・・・。全然違うやん!と、一瞬思いつつ、ジムのスタッフでもしたことないと分からないよなと。いえ、スミスも良いけど、フリーウエイトの自分の力ですべてをコントロールしている感覚が好きなのよ、わたし。

公営、民間、個人それぞれのジムの良さ

公営のジムはだれでも、会員にならずともその都度低価格のチケットを買って気軽にトレーニングできる良さがあります。どの街にいってもたいてい公営ジムはあるのです。今、生活リズムが変化しているわたしにとって公共のジムはありがたいのですよ。

民間のジムは自分がお客さんになれる良さがありますね。スタッフも多くて困ったことがあったらスタッフに相談すれば良い。アメニティ設備も充実してます。最も重要なのは立地です。生活動線の中にあるジムが望ましい。そうじゃないと面倒になって通わなくなります。今のわたしはわざわざ出掛けてジムに行っているので、この動線を変えたいと思っています。

最後に個人経営のジム。これは一番マニアックで筋トレ好きな人が通っているジムですね。必ずフリーウエイトがあるんですよね。以前住んでいた街にも、新しいこの街にもあります。ボディビルダを続々排出しているようなジムです。加えて健康維持目的で長年通われいる方も結構いるのが特徴。実はちょっと通いたい気持ちがあるのですが、チキンなわたしは気が引けています。

ジムの見学を続けてみる

今臨時で通っているジムを少し続けて、その後にジムを移る予定です。それまで近所のジム見学を続けてみます。それぞれのジムに一長一短があるのでしばらくは公営ジム通いになりそう。

これはジムの設備じゃなくて立地の問題なのだけれど、わたしは北向きのジムが好きなんだな。ビルの中にあるタイプでも窓は北向きが良い。そこから綺麗な景色が見えればなお良い。

あと、これは完全に個人的な事情なのだけれど、利用者の年齢層が気になります。臨時通いのジムは高齢者が多く、なぜか知り合いでもないのに親しみを込めて話しかけれてビックリすることがあるんですよ。どうやらジムに通っている人はみな友人という感覚になっているらしく。公営ジムは高齢者は少なく、各個人でトレーニングしているという雰囲気が良いのですよ。

と、いろんな検討事項があるけれど、気楽にジム見学しつつトレーニングを続けていきます。

« Older posts

© 2020 Kate's Fitness

Theme by Anders NorenUp ↑