Kate's Fitness

筋トレ初心者の女性がトレーニングでどれだけ変わるかチャレンジ

月別: 2018年8月 (page 1 of 10)

ベンチプレスMax55kg更新!

こんばんは、Kateです。

スクワット&ベンチプレス&肩の日。撮影に向け、食事は変えずにトレーニングを頑張ってきました。

スクワットは中々フォームが定まらない

いろいろフォームを微調整しつつ、5×5でメニューを組み2ヶ月掛けて重量を上げていくことにしました。

股関節の硬さが下半身のネックなのだけど、コンディショニングして少し柔軟を良くする程度が今できることかな。

上半身はフォームが定まらないのだ。担ぎやすいフォーム、挙げやすいフォームが違うので良い場所を探っていくしかない。もうずーっとフォームを直し続けている。

メニューは
37.5kg5回
40kg5回
45kg5回
47kg5回
52.5kg5回

今日は軽くて楽勝でした。これから徐々に重量を上げていきます。

ベンチプレスはMax55kg更新!

アップから30kg、40kgときて、今45kgが楽勝になってきている。
というわけでMax挑戦。
50kgクリア
52.5kgクリア ただし若干軌道の乱れあり
55kgクリア!!! ←Max更新!52.5kgより軌道よし。

ついにきましたよ。このところのメインセットの調子の良さからそろそろMax更新ができそうだと思ってはいました。

この流れでメインセット。
50kg3回3セット。ラスト3セット目は4レップ。

ベンチプレスは着実に良くなっているなぁ。
スクワットが伸びないのはやはりメインセットをしっかり頑張れてないからだね。

肩をひたすら頑張る

サイドレイズ
フロントレイズ
ショルダープレス(フロント、バック)
スミスマシンでショルダープレス(フロント、バック)

ショルダープレスの最後はスミスマシンで潰れながらプレスしました。プレス系の後にレイズ系をするのが順番としては良いのだけど、今日は逆にしてしまった。ベンチプレスの後だったので、小休止的にレイズ系をしてしまった。

肩はいろんな人のいろんな取り組み方がある。

ダンベル使うサイドレイズ系は重い重量でできないわけだけど、これだと当日パンプはするけど後々の成長にはつながらないと言う人も。

実際どうなんでしょうか?

シュワルツェネッガー氏はアーノルドプレスと名前が付いた種目で肩を大きくしたらしいので、大きくしたいならやはりプレス系が大事なのでしょうね。ベテラントレーニーさんも某氏も同じ事を言っていた。

だから肩を鍛えたいならプレス系が一番大事なのは間違いない。そしてジム内の他のトレーニーさんたちを見ていると、肩が大きい人はプレス系だけじゃなくいろんな種目でねちっこく鍛えている。結果を見るとレイズ系もやはり大事ということじゃないかな。



ブログランキング参加中! 応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへにほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ

知らないだけでたくさんある近隣のジム

トレーニングジムといってもいろいろあります。まず広く宣伝している民間ジムと、誰でも知ってる公営ジムがありますね。

筋トレするようになって、近隣にはそれ以外にも小さなジムがたくさんあるということを知りました。ほとんど宣伝してない個人経営ジムと、小さな公営ジムが意外とあるのです。

高校のジム

まず高校のジム。スポーツが強い学校は大抵あります。すべての学校にあるわけではなく、設備の弱い高校は設備が揃っている高校に出向いてトレーニングしているようです。こんな情報でさえ、スポーツしてこなかったわたしは知らなかった。筋トレ始めてから知りましたよ。

個人経営のジム

次が、知る人ぞ知る個人経営のジム。口コミで会員が広がっていきます。コアな層が中心。ボディービルダー輩出率高し。これがわたしが知っている場所の他にも結構あちこちにあるのですよ。宣伝してないし、目立たない場所にあるので教えてもらわないと分かりません。

個人経営でちゃんと看板出してるところもありますが、このようなジムに看板は出てなかったりします。

個人宅のガレージジム


個人宅のガレージジム。一般にはオープンしていない。

ベンチ台がリビングにあるとかじゃないのよ。以前もどこかで記事に書いたけど、侮るなかれ個人経営のジムに並ぶ勢いで器具が揃っていたりましす。
他人に気を使うことなく、インターバルまで自分で完璧にコントロールしてトレーニングできます。

小さいけど設備が新しい公営ジム

公営なんだけど、あまりみんなに知られていないジム。

そんなのあるの?空いてるジムでトレーニングしたいわ、って思うでしょ?このようなジムは郊外にある体育館とか道場の一室にあります。老若男女で賑わっているトレーニングセンターと違って、筋トレが趣味の人以外は知らない。トレッドミルが少ないせいかな?

トレーニング“室”などの名称で規模が小さく地味な存在なのだけど、設備が新しくイヴァンコのバーベルが綺麗に揃っていたりします。

このタイプのジムをわたしは今までまったく知らなかったのです。イメージとしては高校のジムがきれいになったような、筋トレにフォーカス出来る場所。

筋トレしていたからこそ情報が集まってきた

こうやって情報が集まってくると、思っていた以上にジムというのはあるものですね。

小さな公営のジムはホームページに全然情報がなかったりします。ホームページに「トレーニング室 利用料300円/1時間」としか載ってなく、行ってみたら充実していたということがあります。

知ってる公営ジムはいつも混んでて嫌だという方は、少し足を伸ばして郊外に行ってみると良いかもしれないですね。



ブログランキング参加中! 応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへにほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ

撮影のスケジュール

こんばんは、Kateです。

カメラマンさんにお願いしていたもう一つの撮影のスケジュールが決まった。人気の方なので予定が合ってうれしい。

わたしは自分が撮影されることが苦手なのだが、そうも言ってられずどんどん撮影をしていくしかない。衣装を決めて、メイクして髪を整えて・・・することいっぱい。ま、自分が動けば良いだけだからね。余所様を動かす事に比べたら全然大変ではない。行動あるのみ。

7月くらいから撮影の事は考えていて、髪を変えたり、実際撮影してみたり、ちょこちょこテストをしていました。

分かったこと。

証明写真のような顔のみの写真では、首と僧帽筋が太いため、髪が顔周り、首回りにないと非常に男らしくなってしまうということ。髪で首の太さを隠した方が良い。少しの違いで見た目がぜんぜん違ってくる。

全身写真でピタッとした服を着ると長い腕がますます長く見える。下手に袖のあるシャツを着ずに、いっそのことノースリーブにしたほうが腕の長さが気にならなくなる。

この首や腕の逞しさは隠しようがないので、いっそのことフェミニンな写真と逞しい写真の2つを撮ろうと計画中。普通に脂肪があるのでマスキュラーって感じはぜんぜんないけど、自分らしい写真が撮れるのではないかと思っています。

早く計画を進めないと、夏が終わって秋の景色になってしまう。急げ、急げ!



ブログランキング参加中! 応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへにほんブログ村 ダイエットブログ 肉体改造ダイエットへ

« Older posts

© 2020 Kate's Fitness

Theme by Anders NorenUp ↑