Kate's Fitness

筋トレ初心者の女性がトレーニングでどれだけ変わるかチャレンジ

ベンチプレス42.5kg復活

おひさしぶりです。Kateです。

前回の記事もベンチプレス42.5kgについてでしたが、今回もベンチ42.5kg復活についてです。

クシャミが止まらなくなりジムへ行けず

9月の上旬にまた手術を受けました。それは良かったのだけど、その後9月中旬から体調を崩してしまいました。一番困ったのが鼻がムズムズしてクシャミが止まらないこと。

体調を戻すためにジムへ行って運動したいのに、クシャミのせいで行けなかったのです。

どうにもならなくなって明日は病院へ電話するぞ、と決めた日の晩。ネット検索で見つけた自律神経を整えるマッサージみたいなものを試したら、体調回復の兆しが見えました。その勢いに乗って、マッサージをし続け、1週間後には無事ジムへ行けるまでに回復することができました。

自律神経が乱れると、自然には治らなくなってきますよね。たかがクシャミと侮らず、気を付けないといけません。

ジム再開と水風呂で自律神経を鍛える

マスクをしているとクシャミが出ない程度には体調が回復したのでジム再開。とりあえず、最初は軽い運動だけにして身体を慣らしました。そして皮膚に刺激を与えるための水風呂。

それはもう修行のように水風呂に入りました。そして続けたマッサージ、軽い運動、すべての相乗効果で体調が良くなってきました。

やっぱり自分で自分を整えるのは大事ですね。そしてマスク必須な今の状況が、かえってありがたかったです。

ベンチプレスとスクワットは良い

やっぱりね、強度の高い筋トレができるようになるとさらに体調が良くなってきました。

とはいえ、ジムで長居するとクシャミが戻ってくるかもしれない不安があったのでスクワットかベンチプレスを30分で終えるルールにしました。集中してメインセットとサブセットを挙げて終わり。マシンの補助メニューもなしです。

30分でも運動してスッキリ。筋トレ覚えて良かったな、としみじみ思いながら水風呂に入っていました。

2ヶ月のブランクでベンチプレス42.5kg復活

1ヶ月半も筋トレしていなかったので、最初はバーベルを重く感じたのですが、あっという間に8月の重量に戻せました。マッスルメモリーとはこのことか。

バーベルの重量って数字ですから、自分の筋力を測るのにこれほどわかりやすいものはないですね。

体重や体脂肪の数字の増減より、バーベルの数字を戻したいと思ってしまいます。運動してなかったのだから多少は脂肪も増えるでしょ。それより筋力回復が先だ。という気持ちです。

あともう一度手術を受ける予定なので、また運動できなくなるかもなのだけど、できる限り運動を続けようと思います。

ベンチプレス42.5kg5レップの日

こんにちは、Kateです。

涼しく静かなジムで一人ベンチプレス。贅沢な時間を過ごしています。

今は少しでも以前の重量を取り戻すべく、メインセットを頑張ります。前回40kgだったので、今回は42.5kgをメインセットにしました。

まずはワンレップマックス50kg

50kgを挙げられるのが1つの回復の目安になっているような気がします。補助なしで挑戦する気持ちを持てるかと、実際に挙げられるかの2点が大切。

今回はできました。やっぱり50kgできると気持ちが清々しい。それにワンレップマックスの次に行うメインセットの重量が軽く感じられるのも良い。

次にメインセット42.5kg

前回より重いけれど50kgできてるし、こちらもできるでしょう。

といわけで目標は5レップ3セット。

結果は、1セット目、2セット目が5レップで、3セット目が6レップでした。

これはつまり、セットをこなす過程で身体がこなれてきて最後のセットが一番良く出来たと言うこと。最後は疲れているはずなのに、3セットの中で最もバーベルが軽く感じられました。

特に、背中のブリッジが最後に向かうにつれ上手く作れるようになっていったのを実感しましたね。

つま先、脚、お尻、背中、胸と力を伝えて重量を挙げるベンチプレス。毎回各ポイントを確認し直してバーベルに向かうと、身体が改善していきます。

とにかく除ウイルス対策

ベンチ台やパワーラックを使う前後はアルコール消毒。特に使った後は丁寧にアルコール消毒しています。これに加えてサブメニューをするときは各マシンを消毒。以前は自分が使った後に拭かない人もいたので、今の方が清潔に各器具を使えていますね。

こういう良いこともあるということで。

次回は背中の日。今、一番ダルダルの部位なのでさぼらずジムに行きます。

ざっくり5kg刻みでスクワット・5×5ルーティン

こんにちは、Kateです。

コツコツとジムに通ってフリーウエイトをしています。行く度にジムのルールが厳しくなっているような気がしますね。わたしが行く時間帯はとても空いているので、私一人独占で使えるときもあります。

行っている種目はスクワット、ベンチプレス、デッドリフト。王道のビック3ですね。これに余力があるときはサブ種目を加えています。

また手術

といっても全然身体は元気なのですけれどもね。むしろ健康じゃないと受けられない手術をするので、体調管理、体力回復が必須です。

春頃の自粛期間はジムを休み、その後の治療や手術でまたジムに通わなかったため、わたしの身体は随分だらけてしまいました。これを少しでも改善したいと思っています。

また、行動履歴に難があれば通院すらできないのでどこにいつ行って誰に会うか、気を付けなければなりません。

スクワット・5×5ルーティン

わたしのブログ記事で人気のスクワット・5×5ルーティン・ジェネレータ。これはワンレップマックスの目標値を決めスクワットのメニューを組むときに便利なものです。

おおよそ2.5kgか5kg刻みで5レップ5セットのメニューを組んでくれます。これを日々(3日前後に一度くらいのペース)でこなしていけば、目標値が挙げられるようになっています。

何も目標がないとつまらないので、今は5kg刻みの簡易版5×5ルーティンを自分で作ってこなしています。

つらくても5レップは頑張る。ササッと5セットこなして、ハイ終了。あっという間です。これが5×5ルーティンの良いところ。

ベンチプレスとデッドリフト

ベンチプレスは正直なところ、補助者がほしいですね。ワンレップマックスに挑戦する勇気がでません。今は40kg5レップ5セットはできています。2.5kgでも、1レップでも増やしていこうと思っています。

デッドリフトは、ハーフしかしません。とりあえず60kg5レップ3セットくらいはしてますが、まだまだ重いのができそうです。以前のワンレップマックスは160kg台までできたので、そこに近づきたいですね。

特に今、背中の筋肉が落ちているので鍛え直したいです。懸垂マシンで懸垂もしています。

しっかり狙った部位が疲れるうれしさ

これまで情熱をもって筋トレしてきただけあって、狙った部位をしっかり動かせているのを感じます。鍛えるのが難しい背中でも、腕は疲れず背中が疲れるのよ。このうれしさ、わかるかな。

人生の一時期、筋トレをがんばって良かったと本当に思います。筋トレを始めると、なんでそんなにがんばってるの?何になりたいの?とか笑い半分に言われますが、がんばったことは後々生きてきますね。

やっぱり人生は体力、筋力、そして健康が大事です。

« Older posts

© 2020 Kate's Fitness

Theme by Anders NorenUp ↑