Kate's Fitness

筋トレ初心者の女性がトレーニングでどれだけ変わるかチャレンジ

須藤孝三さんのポージング

あぁ、ついに伝説のボディビルダー須藤孝三さんにたどり着いてしまったKateです。

ウエイトトレーニングの右も左もわからないところから歩き始めてついに輝く星を見つけた!
なんというカッコよさ!写真の一つ一つが絵画のように美しい!神のラインが出ているボディビルダー。

私、昔ちょこっとだけ絵画を嗜んだことがありまして。芸術的なことが好きなんですね〜。

いつも思うことがあるんです。光が当たる人は“ライン”が美しい、と。

スッと自然に伸ばした手の先と、足先、肩を結ぶラインが綺麗な三角形になっていたり。
ひねった体のラインが美しいS字を描いていたり。細かな細工や色彩の美しさよりも、まずラインが絶妙なバランスを描いている。

私はこの美しいラインを「神のライン」と呼んでいます。神が人を介して地上に描く遊び心なのか、人が美しいラインを描いた瞬間そこに神が宿るのかはわかりません。
群衆の中にいて目立つ人はこの神のラインが出ています。そしてどういうわけか、そういう人には実際に日の光や照明が当たっていたりします。あまり書くと神秘的な話になるのでこの辺で。

ボディビルダーは鍛えた体の美しさを競うので美しいのは当たり前なのですが、須藤孝三さんは異次元で美しい。全盛期が40年前ということで、今のトレーニング環境やボディビルに関する情報量も違ったでしょうに、一体どうやってあの体を作ったのかとても興味が湧いてきました。

そんな須藤孝三さんのインタビュー記事が読みたくて、ウエイトトレーニング&スポーツニュートリション専門誌 カラダ改造マガジン「アイアンマン」2014年の5月号と6月号を手に入れましたよ。

まさか自分がこのような雑誌を手にする日が来るとは!

脚を鍛えるため外での自転車走行。大会前の食事は牛肉代に月20万円!!当時の若者の月収4万円の時の金額ですよ。現在の金銭的な感覚だと月100万円のレベルです。やはり尋常じゃないことをやっていたんだなということがわかるのですが、私が一番気になったのがポージング練習の仕方!

とにかく丘の上など高いところで自然を相手にポージング練習をおこなっていたそう。例えば、四日市港にピラミッドのように積み上げられる荷物の一番上で練習。練習中から表彰台に立ってポージングしているイメージですよ。他にも、夜の神社で神様の前でポージング練習。もはやポージング練習ではなく神に捧げる舞、儀式です。

単なるポージング練習と捉えていない。きっと須藤さんの頭の中には、美しいラインがすでにある。それを現実化するために練習している。

トレーニング内容、食事、心構え、と須藤さんのカッコよさの秘密がわかる大変貴重な内容でしたよ。

IRONMAN2014年5月号

IRONMAN2014年5月号

posted with amazlet at 17.08.27
株式会社フィットネススポーツ (2014-04-12)
IRONMAN (アイアンマン) 2014年 06月号
フィットネススポーツ (2014-05-12)

1 Comment

  1. 堀切孝信

    12/25/2017 at 03:05

    Thankyouverymuch!!

コメントを残す

© 2020 Kate's Fitness

Theme by Anders NorenUp ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。